軽貨物(黒ナンバー)の手続き代行|栃木陸運局前の行政書士さいとう事務所

 

 

 

 

軽貨物の手続きでこんなお困りごとございませんか?

  • 軽貨物の手続きをしたいが平日陸運局へ行けない。
  • 書類の準備や作成が苦手だし、何が必要なのかも分からない。
  • 軽貨物の手続きからナンバー交換まで一気に手続きしたいけど書類が分からない。
  • 運賃や料金が決められない。
  • なるべく早く手続きを進めたいけど頼める相手がいない。

 

このようなお困りごとでしたら弊所にお任せ下さい。

全て解決出来ます。

 

個人か法人か

軽貨物は個人、法人どちらでも申請可能です。

お客様のご希望に応じて対応いたします。

また、個人と法人では準備する書類が若干変わりますのでご了承下さい。

 

軽自動車かバイクか

■軽自動車の場合

原則として乗車定員2名以下で、車検証上の用途が「貨物」になっていることが必要になります。

用途が「貨物」になっていない場合には、構造変更等の手続きが必要になります。

用途が「乗用」の場合は、まず先に構造変更等の手続きの目処をつけてからご依頼下さい。

弊所においては構造変更等のご相談、手続きには応じていません。

 

■バイク便の場合

排気量125cc以上のバイクが対象です。

 

軽貨物運送事業経営届出書の作成の際に用意するもの、決めるもの

  • 車検証のコピー
  • 運送約款(さいとう事務所でご用意します)
  • 運賃料金をいくらにするか?
  • 営業所や車庫の住所がわかるもの(住民票や登記簿、賃貸借契約書など)
  • 個人の場合は、認印
  • 個人の場合で、名義変更と同時の場合は、住民票
  • 法人の場合は、会社の代表印
  • 法人の場合で、名義変更と同時の場合は、履歴事項全部証明書(商業登記簿)

 

軽貨物運送事業を始めるための要件

軽貨物運送事業を始めるために要件を説明します。

■都市計画法に違反していないか?

→原則、以下の区域は営業所や休憩室として届出不可です。また、車庫となる場所が農地の場合も不可です。

  • 市街化調整区域
  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二種中高層住居専用地域

※上記区域でも例外的に認められる場合もありますが、それはかなりレアケースです。

 

営業所と車庫の位置は適正か?

→原則、営業所と車庫は併設がベストですが、直線2km以内であれば離れていてもOKです。

 

営業所や休憩室は自宅でも大丈夫か?

→ご自宅が都市計画法等に違反していなければOKです。

 

車庫の面積は確保できているか?

→車庫の面積は1台あたり最低でも8㎡以上は必要になります。

 

車庫証明は必要か?

→軽貨物の場合は、事業用になりますので、警察での車庫証明は不要です。

 

営業所や車庫の使用権限はきちんとあるか?

→自己所有の場合は登記簿、賃貸の場合は賃貸借契約書等で確認します。

 

事業用自動車(軽自動車やバイク)をきちんと置けるスペースが確保されていること。

→他の自家用車と車庫が重複していたり、他の用途、例えば自転車駐輪スペースなどとの兼用は不可です。

 

事業用自動車は1台でもOK。

→1台から始められるので軽トラ台でもOKです。

 

運行管理者や整備管理者を選任する必要はない。

→一般貨物自動車運送事業では必須の運行管理者や整備管理者の選任は不要です。
→ただし、車両台数が10台以上になる場合は、整備管理者の選任が必要になります。

 

ナンバー交換後、事業用の任意保険に加入

→無事に車検証の書換が完了しナンバー交換が終了したら、次は事業用の任意保険に加入する必要があります。

保証の内容は、具体的に決められているわけではありませんが、十分な対人損害賠償能力を有する必要がありますので、対人対物は無制限で加入することがおすすめです。

 

軽貨物運送事業を始めるまでの流れ

打合せ

個人か法人か、営業所や車庫の位置、運賃等の詳細をお伺いし、チェックシートにご記入いただきます。

届出書の作成

チェックシートや、ご用意いただいた書類等をもとに書類の作成を行います。

■報酬の支払い

御請求書を発行しますので、お支払いいただきます、お支払いが確認出来ましたら書類提出の準備をします。

書類の提出

作成した書類を陸運局に提出します。

事業用連絡書の交付

書類の提出が完了すると事業用連絡書が交付されます。

~ここから下は別料金になります~

ナンバー交付

名義変更やナンバー変更のための書類を作成し、事業用ナンバー(黒ナンバー)を発行してもらいます。
→ここからは陸運局ではなく、軽自動車検査協会での手続きになります。

宇都宮と那須ナンバーは栃木事務所(宇都宮市西川田)、とちぎナンバーは栃木事務所佐野支所での手続きになります。

ナンバー交換

現在ついている自家用ナンバーを事業用ナンバーに交換します。

事業用の任意保険に切替

今まで自家用で加入していた自動車の任意保険を事業用に切替ます。

営業所に約款等の掲示、必要な帳簿を整備し運行開始

営業所内に約款などを掲示し、点呼記録簿や日報の準備をしたら実際に営業スタートです。

 

報酬について

ご依頼には以下の業務が全て含まれます。

  • 届出書作成のための要件の調査(都市計画法照会など)
  • 「貨物軽自動車運送事業経営届出書」、「運賃料金設定届」、「事業用連絡書」の作成
  • 「貨物軽自動車運送事業経営届出書」、「運賃料金設定届」、「事業用連絡書」の提出
  • 名義変更やナンバー変更のための書類作成費用は含まれていません。

 

代行費用:33,000円(消費税込)

オプションメニュー

  • ナンバー交換のための書類作成  3,300円(税込)+印紙代
  • 名義変更と同時にナンバー交換するための書類作成  4,400円(税込)+印紙代
  • 転入があるときの税止 1,000円
  • ナンバー交換、車検証の書換(宇都宮・那須) 16,500円+ナンバー代+送料
  • ナンバー交換、車検証の書換(とちぎ) 33,000円+ナンバー代+送料

 ※ナンバー交換、車検証書換をご依頼のお客様は、車検証原本、申請依頼書、旧ナンバーを弊所にご持参いただくかご郵送で事前にお送り下さい。

※重量税や自賠責等の税金は発生する場合があります。その場合は事前にお預かりさせていただきます。

 

 

事業を始めた後の手続き

事業を始めた後に下記の項目が変更になった場合は、変更届が必要になります。

  1. 氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
  2. 氏名又は名称及び住所(主たる事務所の名称及び位置)
  3. 代表者
  4. 営業所の名称及び位置
  5. 休憩室の位置及び面積
  6. 車庫の位置及び面積
  7. 事業用自動車の種別ごとの数(乗車定員)
  8. 運送約款(標準約款の場合は不要)
  9. 廃止
  10. 運賃の変更

再度になりますが、このようなことでお困りの際は、行政書士さいとう事務所にご相談下さい!

・軽貨物の手続きをしたいが平日陸運局へ行けない。

・書類の準備や作成が苦手だし、何が必要なのかも分からない。

・軽貨物の手続きからナンバー交換まで一気に手続きしたいけど書類が分からない。

・運賃や料金が決められない。

・なるべく早く手続きを進めたいけど頼める相手がいない。

このようなお困りごとでしたら弊所にお任せ下さい。

全て解決出来ます。

 

トップページ特定商取引に基づく記載プライバシーポリシー