法令試験の対象となる手続き

運送業の許可を取るための条件の1つが「役員の法令試験」に合格することです。 「役員の法令試験」は大きく分けて次のような2つの手続きをした場合に受験することになります。

  1. 一般貨物自動車運送事業許可申請(いわゆる新規の場合です)
  2. 一般貨物自動車運送事業の譲渡譲受、合併・分割、相続による認可申請

法令試験は誰が受ける?

法人の場合は、常勤の取締役の人が、個人の場合は、本人が受けることになります。法人の場合で、常勤の取締役が何人かいる場合は、申請時に法令試験を受ける人を決めておかなければいけません。 そして、その人以外が法令試験を受けることは出来ませんので注意が必要です。

法令試験の内容は?

ちなみに、この法令試験は運行管理者試験とは別の試験になりますので、運行管理者資格を持っているからという理由で免除になったりすることはありません。 出題の範囲は下記のとおりです。

結構範囲が広いですね。運送業を経営していくためには、関係する法令をまんべんなく知っておかなくてはいけないので、仕方がないと言えば仕方がないのかも知れません。一般貨物自動車運送事業という名のとおり、貨物自動車運送事業法を先頭に関係法令13種類から出題されます。

  1. 貨物自動車運送事業法
  2. 貨物自動車運送事業法施行規則
  3. 貨物自動車運送事業輸送安全規則
  4. 貨物自動車運送事業報告規則
  5. 自動車事故報告規則
  6. 道路運送法
  7. 道路運送車両法
  8. 道路交通法
  9. 労働基準法
  10. 自動車運転者の労働時間等の改善のための基準
  11. 労働安全衛生法
  12. 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
  13. 下請代金支払遅延等防止法

法令試験の日程は?

関東運輸局管内であれば、新規許可申請の場合、通常は奇数月の最後の水曜に開催されているようです。譲渡譲受や合併・分割、相続などは奇数月の上旬に開催されることが多いようです。法令試験の場所は、神奈川県横浜市にある関東運輸局内で行われます。

法令試験の内容と合格の基準

  • 試験時間は50分
  • 問題数は30問
  • 合格するには30問中24問正解が合格ライン
  • 試験問題は〇×と言葉を選ぶ選択式
当日は、条文集が配布されるのでそれを見ることは出来ますが、条文集への書き込み等は禁止されています。

もし、法令試験に落ちてしまったら?

この法令試験の特徴として、受験回数に制限があるという特徴があります。このページをご覧になられている皆様でしたら、すでにご存知かも知れませんが、チャンスは2回まで。もし、2回とも不合格だった場合は、残念ながら申請を取り下げて再度申請のやり直しになってしまいます。

再申請になってしまうと、せっかく準備した書類も印鑑を押し直したり残高証明取り直したり等、手間も時間もかかります。結果として許可が下りるまでの時間がかなり長くなってしまいます。

スムーズに運送業を始めたい場合は、法令試験に1回で合格したいところです。

そこで法令試験対策

法令試験の概要はお分かりいただいたと思います。でも、このようなお悩みありませんか?

  • なんとか1回で合格したいが、そもそも勉強の仕方が分からない
  • 何をどのように勉強していいか分からない
  • 問題すら見たことがない
  • 日々の仕事が忙しく、勉強する時間が確保できない
  • なんとか効率良く勉強して合格をしたい
  • どんな問題が出るのか、実際の問題に触れてみたい
  • 条文集の存在自体知らない、または使い方が分からない
  • 法令試験が大切なのはわかるけどあまり時間をかけたくない
  • 試験勉強のコツみたいなものを知りたい

そこで、当事務所では、上記のようなお悩みをお持ちの皆様のために「役員の法令試験」のを受対策セミナーを開催しております。 日程やサポート内容、費用、お申込み等についてはコチラ(当事務所は栃木県担当です。)をご覧ください。他の行政書士さんに申請を依頼された方でも問題なくご参加いただけます。参考までにサポート内容をご紹介すると

  • 法令試験対策テキストを提供
  • 過去問題直近1年分&回答合計6回分を提供
  • 法令試験の心構えについて解説
  • 条例集の探し方について解説
  • 条例集で当日参照すべき最低の箇所リストについて解説
  • 絶対覚えないといけない項目集(テキスト収録)

とかなり充実した内容となっています。「役員の法令試験」に不安のある方は是非お申込みください。合格への道のりが見えてくるはずです。

セミナーに参加したいけど日程が合わない場合

とは言っても、普段、仕事をされている方がほとんどだと思います。どうしても時間に制約があって法令試験対策セミナーに参加したいけど日程の調整ができないというお問合せをいただくことがあります。

当事務所では、日程については柔軟に対応しておりますので、記載されている日程とどうしてもスケジュールが合わない場合は、トラサポまで遠慮なくご相談ください。可能な限り日程を調整し対応させていただきます。