帳票について

 

運送業を経営するには色々な帳票を用意する必要があります。

その中には、毎日もしくはその都度正しく記入しなければいけないもの、営業所内に掲示するもの、定期的に提出をしなければいけないものまで幅広くあります。

記入する書類については、適当に記入したり虚偽の記入なんて絶対にダメですよ。

絶対にやってはいけません。

 

そして、記入した帳票類などはそれぞれ保存期間が定められています。

きちんと定められた年数通りに保管して下さい。

 

また、毎年必ず提出しなくてはならない書類もあります。

きちんと提出していないと認可や届出が出来なくなりますので出し忘れに注意して下さい。

 

これら以外にも必ず営業所内に掲示しなければいけないものもありますので下記の一覧表を参考にして下さい。

 

 

必要な帳票、掲示物、提出物と保存期間

帳票 備考 保存期間
◼新規許可・事業計画変更認可申請書 事業継続の間ずっと保管
◼運行・整備管理者選任届書 事業継続の間ずっと保管
◼増減車などの各種届出書 事業継続の間ずっと保管
◼事業報告書 事業継続の間ずっと保管
◼事業実績報告書 事業継続の間ずっと保管
◼運転者台帳※1 事業継続の間ずっと保管
◼運転者台帳※2 退職した日から3年間保存
◼点呼記録簿 1年間保存
◼運行指示書 1年間保存
◼運転日報 1年間保存
◼運行記録計記録紙 1年間保存
◼車両台帳 車検ごとに更新する
◼日常点検表 1年間保存
◼定期点検記録簿 1年間保存
◼事故記録簿・事故報告書 3年間保存
◼運転者教育記録簿 3年間保存
◼運行・整備管理規定 営業所に必ず用意する 更新があれば更新する
◼就業規則 従業員10名以上は労働基準法監督署へ届出
◼36協定 毎年労働基準監督署へ届出 有効期限1年
◼健康診断受診票 5年間保存
◼出勤簿 3年間保存
◼運送約款 営業所内に掲示
◼運賃料金 営業所内に掲示

※宅配・引越し等個人対象の場合

◼運輸安全マネジメント 営業所内に掲示
◼運行・整備管理者の手帳 2年に1回講習受講

 

このようなときはさいとう事務所にご相談下さい!

  •  帳簿の書き方がイマイチよく分からない
  •  昔の帳簿を使っているけど、本当にこれでいいのか心配だ
  •  法改正等に対応した帳簿が欲しい
  •  健康診断や適性診断、運転経歴書などの取り入れや実施のタイミングが分からない
  •  一通り帳簿は揃っていると思うけど不安なので確認して欲しい

このような場合は、是非さいとう事務所にご相談下さい。

帳票類のチェックなどのスポット業務から毎月、隔月の定期訪問、顧問契約など

皆様の事業の規模や方向性に合わせたお手伝いをさせていただきます。

 

行政書士さいとう事務所では、帳簿チェック等の訪問の際には、専門のスタッフと同行いたします。

豊富な経験と知識を有するスタッフがみなさんの不安を解消してくれるでしょう。

まずは無料相談を行っておりますので、無料相談をご利用下さい。

無料相談をしたからといって無理に業務を進めたり、顧問契約を迫ったりなどはいたしませんのでご安心下さい。

また、お客様の事業に係る一切の情報は厳守いたしますのでこちらもご安心下さいませ。